読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

シンガポール旅行

先月末に「家に引きこもってばかりいないで、たまには旅行しよう」と会社の同期に誘われて、シンガポールに行ってきた。せっかくなのでブログを書く。

飛行機

高級航空会社シンガポール航空。往復で6万円くらい。めったに飛行機に乗らないから値段の感覚が分からないけど、良く飛行機に乗る同期曰く「思ったよりも安かった」とのこと。噂通り、機内食は美味しかったし、機体も新しかった。

行きも帰りも深夜便を使った。寝坊して飛行機に乗り遅れる心配は無いし、時間が有効に使えるのは良いのだけど、フライトが6-7時間くらいで機内食だのがあるから正味4-5時間くらいしか寝られず、翌日が眠くて仕方が無かった。座席が良い分、深夜バスよりは寝やすかった気がする。あとは深夜バスがパーキングで休憩して時間を調節するみたいなことをしてくれれば良いのだけど、飛行機では無理か。

ドラえもん 新・のび太の宇宙開拓史」を観た。新しいドラえもんをほとんど見たことがなかったから、ドラえもんとはなかなか認識できないけれど、これはこれで面白かった。

ホテル

シンガポールで一番有名なマリーナベイサンズに1泊だけ泊まった。一番安い日を選んで1泊2万円くらい。高いけど、インフィニットプールに入れるし、空港にも観光名所にも近くて便利だし、部屋も広いしで、値段分の価値はありそう。

地上57階のインフィニットプール。水がそのまま空に繋がっているように見えるとか、そんな感じの意味での「インフィニット」だろうか。

水平線に近づいてみると、実際はこんな感じ。

f:id:kusano_k:20151229020725j:plain:w640

防水スマホだからと安心して水着のポケットに入れていたら、浸水して壊れた。防水を過信してはいけない……。

ホテルの中からは見られないけど、夜にこんな感じのレーザーショーをやっている。

エレベーターのパネルがグリーンスクリーンになっていた。

f:id:kusano_k:20151229021745j:plain:w640

2日目以降に泊まったVIPホテル。VIPだけど高くはない。

f:id:kusano_k:20151229022638j:plain:w640

ホテルのテレビで見たSUMO。早口の英語で実況していてとてもカッコ良かった。日本でも放送してほしい。

ネット環境

空港で、イモトのWiFiを借りた。現地での滞在時間ではなく、借りてから返すまでなので6日で、6400円。3日間で400MB以上だと帯域制限する可能性があるとのこと。ホテルではホテルのWiFi、街中でもWiFiがあるところではWiFiを使うように心掛けて、4日間で700MBくらい。通信量を気にするのも、スマホとは別にルーターを持ち運ぶのも面倒なので、次に海外に行くときはSIMフリーのスマホを持って行きたい。最近のスマホなら解除できるはず。

そもそも、普段から外出中にそんなにネットを使わないのだったら、ネット環境を用意していなくても何とかなる気がする。空港とかデパートとかにはWiFiがあって、ちょっと手続きをすれば使えるし、道に迷ってどうしようもなくなったとかなら、キャリアの海外ローミングをその場で使えば良いし。

場所が変わったからかGoogleの認証に弾かれて詰みかけた。2段階認証に登録していたガラケーは海外ローミング非対応で、たまたまスマホのほうも登録していて助かった。2段階認証のバックアップコードはちゃんと持ち歩こう。何回かログインしようとしたからか、アカウント1個はパスワードの変更を強制されて、あちこちのデバイスでパスワードを変えるのが面倒だった。

Google認証アプリに切り替えた。2段階認証を設定するときに、良く分からないアプリを入れたくないなと思って電話にしたけど、携帯回線に頼らない分アプリのほうが安心。

1日目

世界三大がっかりマーライオン。周りに観光客がいっぱいたから、たしかに本家マーライオンなのだろうけど、人がいなかったらレプリカだと思ってしまいそうw

ホテルにだだっ広いカジノがあった。ルーレットで自分の誕生日に置いたら当たって、150シンガポールドル儲けた。

シンガポールは日本の夏のような感じでずっと蒸し暑かったが、夕飯を食べに行ったどこかの街で地下鉄から出たら雪が降っていてびっくりした。実際はただの泡。

f:id:kusano_k:20151229022926j:plain:w640 f:id:kusano_k:20151229022929j:plain:w640

北京ダック。皮だけだと高いけど、これを頼むと肉の料理が安く頼めるので、それを考えるとまあまあ。

f:id:kusano_k:20151230040433j:plain:w640

「マリーナベイサンズの屋上のバーに行ってみよう」と誘われて行ってみたら、高級感がすごかった。ケースに入った葉巻を売っていた。葉巻を初めて見たかもしれない。「特別メニューです」と渡されたメニュー表を見たら、「○○ウイスキー○年 2000」とか書いてあって、「2000円か。けっこう高いなー」と思って良く見たらドルだった。普通のウィスキーを1杯飲んで2000円くらいだった気がする。

2日目

Anime Festival Asia 2015 in Singapore。一応これが主目的。コミケの企業ブース(一部同人エリアもあったけど)+ライブ。ライブに行くのは初めてだけど楽しかった。レーザーがかっこいい。せっかくなので光る棒も買ってみた。中にはLEDがびっしりというのを想像していたけれど、光るのは持ち手の部分だけで、棒は光を拡散させているだけなのか。

f:id:kusano_k:20151229025448j:plain:w640

日本のこういうイベントに比べて、参加者のコスプレしている率が高かった気がする。まだアニメがそんなに広まっていないので、来るのはコアな人ばかりなのだろうか。

会場で「ガラスの花と壊す世界」というアニメのポスターが貼られていて、見覚えが無いけど面白そうだな……と思っていたら、まだ未公開の劇場作品だった。そんなイベントがあるとは知らなかったけど、先行上映で本編丸ごと観られるし、声優のミニライブは聴けるしで最高だった。人を選ぶ作品だとは思うけど、私にとってはとても良かったので、公開されたらもう一度観に行こう。

3日目

あちこち歩き回った。まずは、セントーサ島

水族館。世界最大らしい

セントーサ島にもマーライオンがいた。本家よりでかいし、中にも入れる。中が派手で仙台大観音とか牛久大仏を思い出した。

カート好きの同期に誘われて、ゴーカートのようなソリのようなものに乗って遊んだ。コンクリートの坂道を自重で走るだけだけど、けっこうスピードが出る。

ケーブルカーに乗って、さよならセントーサ島

閉館ギリギリに植物園のドームに滑り込んだ。ライトアップはされているし、夜は夜で良いのかもしれないけど、暗くて良く見えないのでちょっと微妙。

f:id:kusano_k:20151230000820j:plain:w320 f:id:kusano_k:20151230001042j:plain:w320

ウツボカズラ(レゴ製)。

f:id:kusano_k:20151230001121j:plain:w640

この木の上の回廊を歩きたかったが、残念ながら時間が遅すぎた。

f:id:kusano_k:20151230004309j:plain:w640

屋台は遅い時間まで開いていたので、チキンライス。帰国直後の食戟のソーマでちょうどチキンライスが出てきた。

帰りに寄ったコンビニで皿が5個のけん玉を見つけて思わず買ってしまった。パッと見面白そうだと思ったけど、別に普通のけん玉と遊び方は変わらないような……。

4日目

適当に街中をウロウロしていた気がする。

小さい電機屋がいっぱい入っているビルがあって、秋葉原っぽかった。

誰かがゲーセンに行きたいというので着いていったら、ほとんど日本のゲーム機だった。現地の硬貨が使える台はほとんど無くて、硬貨の投入口には「100円」と書いてあった。レジで電子マネーをカードにチャージして、それで遊ぶらしい。電子マネーだとどこの国に持っていっても使えるのか。

どこかのビルの展望台からの景色。入場料も置いてある望遠鏡も無料で太っ腹。回った場所がだいたい見えて、小さな国だというのを実感。

帰国。公開直前だからかシンガポールの空港にスターウォーズの展示があった。同期がXウイングについて熱く語っていたが、スタウォーズを見たことが無いので良く分からなかった……。

f:id:kusano_k:20151230002808j:plain:w640

その他

ライブのポスター抽選に応募するときに、NRICもしくはパスポート番号を書く欄があって、何のことかと思ったら、シンガポールマイナンバーらしい。とてもカジュアルに使われていてすごい。

海外に行ったら、その国の硬貨を一通り持ち帰りたいと思っているのだけど、普通に買い物をしていて1セント硬貨は結局手に入らなかった。ガイドブックにもほとんど流通していないと書いてあった。5セント硬貨も1枚だけ。日本だとちょっと油断するとすぐ財布の中が1円玉だらけになるのに……。日本の店も198円で割安感を出すくらいなら、200円にしてほしい。

街中はどこも綺麗だったし、治安に不安は一切感じなかったし、IT化は進んでいるしで、理想の国家っぽい感じがした。一方で地下鉄には飲食したら罰金という貼り紙があったし、夜になるとコンビニで酒を売ってくれなくなったし、もしかすると綺麗すぎて息苦しいのかもしれない。